債務整理・自己破産に強い弁護士

弁護士費用

相談料

借金問題について 何度でも無料

債務整理

【過払い請求(完済業者に対する請求)】
着手金 無料
報酬金 過払い金として返還を受けた額の14%
一般の事務所に依頼する場合と比較すると、お手元に取り戻せる金額が大幅に増額することになります。
業者から取り戻した金額400万円の場合→25万9200円の差
長島総合法律事務所 一般的な法律事務所の基準
過払報酬 14%+消費税 20%+消費税
過払報酬 400万円
過払報酬
(税込)
▲60万円4800円 ▲86万円4000円
お手元に戻る
金額
339万5200円 313万円6000円
(当事務所との差額25万9200円)
 
【任意整理(まだ残額が残っている業者に対する手続き)】
着手金 1社あたり4万円
(4社目以降は1社2万円となります)
報酬金 元金が全てなくなり過払い金が戻ってきた場合には、取り戻せた金額の14%
(元金が減額したことに対する減額成功報酬は一切ありません。)
 
【自己破産】
同時廃止の場合 着手金 28万円(成功報酬、追加着手金など、左記以外の弁護士費用は一切かかりません)
少額管財の場合 着手金 34万円(成功報酬、追加着手金など、左記以外の弁護士費用は一切かかりません)

(少額管財手続きの場合には、別途裁判所へ納める費用20万円がかかります)
ご負担のない範囲での分割払いが可能です
※郵券代、印紙代等の裁判所に納める費用が、申立て費用として別途3万円かかります。
※個人事業主の方など、ご事情に応じて着手金を増額することがございます。

【個人再生】
住宅ローンなしの場合 着手金 40万円(成功報酬、追加着手金など、左記以外の弁護士費用は一切かかりません)
住宅ローンありの場合 着手金 50万円(成功報酬、追加着手金など、左記以外の弁護士費用は一切かかりません)

ご負担のない範囲での分割払いが可能です
※郵券代、印紙代等の裁判所に納める費用が、申立て費用として別途3万円かかります。

【法人破産】
着手金 100万円~
(別途裁判所に納める予納金がかかります)

会社の規模・負債総額・債権者数に応じて、ご相談時に費用を決定致します。

※上記には消費税は含まれておりません。

※完済業者があり、過払い金の回収が確実に見込める場合には,着手金の後払い(過払金を充当する)も可能です。

このページの先頭へ